Ageing in East and North-East Asia

北東アジアにおける高齢化

 

「人口の高齢化」とは、ある特定の人口において高齢者の割合が増え、若年者の割合が減ってゆく変化のことを言います。 高齢化は工業国、発展途上国にかかわらず、世界中の国々で起こっています。

 

中でも、北東アジア地域における高齢化は特別と言えます。2010年時点で、世界の65歳以上人口の32%、そしてアジアにおける65歳以上人口の56%が北東アジアの6カ国(中国、北朝鮮、日本、モンゴル、韓国、ロシア)に暮らしています。

 

更に、世界で一番合計特殊出生率(TFR)が低い国(韓国、日本)、世界で一番高齢化が進んだ国(日本)、世界で一番高齢化のスピードが速い国(韓国)、そして、2060年に世界で一番高齢化が進んでいると予測される国(韓国)の全てが北東アジアに位置しています。

 

北東アジアの高齢化のスピードは世界でも類を見ない速さです。例えば、フランスでは高齢者が人口に占める割合が7%から20%になるまでに約150年かかりましたが、日本では約40年で同じ変化を迎えました。中国では35年、韓国では30年余りで同様の変化を迎えると予測されています。

 

また、北東アジアの高齢者数は近い将来、大幅に増幅します(以下のグラフ参照)。主に中国の人口が多いため、2030年には北東アジア全体での高齢者数は3億人以上になると予測されています。

 

以上の点より、北東アジアでは、人類の歴史で未だかつて経験したことのない速さと規模で高齢化がすすんでいると言えます。

 

 

人口の高齢化は、栄養や健康状態の向上に伴い長寿社会が実現しつつあることの現れでもあり、喜ぶべきことです。高齢化そのものは問題ではありませんが、人口構造の変化に対応した社会の仕組みを造らないと経済的、社会的な様々な問題が起こってきます。以下はすでに北東アジアの社会が直面している、または近い将来直面するであろう課題の一部です。

 

北東アジアの高齢化に伴う諸課題

 

  • 伝統的な家族形態やそれに伴う価値観が変化し、家族が高齢者の世話をすることが少なくなってきていること。
  • 地元コミュニティーでのケア、自宅でのケアなど、高齢者の長期ケアを行ってゆく環境や条件がいまだ整っていないこと。
  • 一般的に、慣れた自宅の環境で余生を送りたいと思う高齢者が多いといわれているが、高齢者が自宅で暮らし続けられるような環境や条件が、いまだ社会に整っていないこと。
  • 高齢者世帯の増加。高齢の夫婦同士が老老介護をしている場合や、夫または妻を看取った後、高齢者が一人で暮らしている場合もある。
  • 高齢者の孤立。高齢者にとって有意義な経済・社会参加の場が限られていること。
  • 認知症をもつ高齢者の増加。
  • 家族やケア施設による、高齢者の介護や世話の放棄・放任、また高齢者に対する(身体的、精神的、感情的、金銭的)虐待や暴力。
  • 高齢者の自殺率が高いこと。
  • 医療費の増加。(高齢者自身や家族の負担の増加、そして社会全体での負担の増加。)
  • 高齢者の貧困問題。
  • どの国においても高齢女性の方が高齢男性よりも多く、また高齢化社会における女性への負担が不釣り合いに大きいにもかかわらず、ジェンダーの視点がいまだに政策や実践に取り入れられていないこと。
  • 天災などの緊急事態において、高齢者が特に大きな危険にさらされること。
  • 社会保護制度(医療保険や持続可能な年金制度など)が不十分であること。
  • 高齢者依存人口比率(高齢人口(65歳以上)/生産年齢人口(15-64歳)x100)の増加。
  • 社会における様々な年齢差別。
  • 労働者が年をとってゆくにつれて、その知識、技術、生産性をどのように維持、継承、活用するか等、労働政策上の諸課題。
  • 高齢者が暮らしやすい生活環境が整っていないこと。(交通手段、都市計画、様々な製品のデザイン、建物や住居の造り、高齢者にわかりやすい情報やその伝達方法、その他の補助技術や補助器具など。)
  • 都市部と地方での、高齢者の生活環境や利用可能なサービスの格差。
  • 一般的に、年齢を重ねるということに対するマイナスなイメージが社会にあること。高齢者の知恵、尊厳、生産性やその他の大切な社会貢献を鑑み、高齢者に対する、そして人が年をとるということに対するイメージを肯定的なものに変えてゆき、「人の老い」や「高齢化社会」に対する発想の転換が必要である。

 

解決策と好機

 

高齢化社会の直面している課題はたくさんありますが、それらは同時に私たちの社会を全ての人にとって住みやすい社会に変えてゆく好機でもある、と考えることができます。

 

昔から高齢者は若い世代の世話人、教育者、文化や伝統の伝達者、コミュニティのリーダー、手本などとして、多くの社会的、文化的、経済的、政治的貢献をしてきました。

 

また、北東アジア地域内から、持続可能な豊かな高齢社会を創るための様々な取り組みが生まれてきています。これらは政府(地方自治体を含む)、NGO、学術界、民間企業、高齢者自身又はあらゆる世代の市民によって始められ、社会のあらゆるレベルにおいて様々な規模で運営されています。

 

これらの取り組みは、この知識共有プラットフォーム上のデータベースにて閲覧していただくことができます。北東アジア地域にてどのような取り組みが始まっているのか、データベースで検索してみてください。そして、まだデータベースに載っていない取り組みをご存じでしたら画面右脇の「お問い合わせ」フォームにてお知らせください。

 

 

 

北東アジアの高齢化に関連する、国連やその他の国際機関の出版物

 

DESA - Division for Social Policy and Development

Neglect, Abuse and Violence Against Older Women, DESA - Division for Social Policy and Development, 2013

Current Status of the Social Situation, Well-Being, Participation in Development and Rights of Older Persons Worldwide, DESA - Division for Social Policy and Development, 2011

Regional Dimensions of the Ageing Situation, DESA - Division for Social Policy and Development, 2008

World Economic and Social Survey 2007, Development in an Ageing World, DESA - Division for Social Policy and Development, 2007

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

DESA - Population Division

World Population Ageing Report 2013, DESA - Population Division, 2013

Population Ageing and Development 2012 Wall Chart, DESA - Population Division, 2012

Living Arrangements of Older People Around the World, DESA - Population Division, 2005

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

World Health Organization (WHO)

Dementia: a public health priority, WHO, 2012

Good health adds life to years, Global brief for World Health Day 2012, WHO, 2012

Global health and ageing, WHO, 2011

Women and health: today's evidence tomorrow's agenda, WHO, 2009

Discussing screening for elder abuse at primary health care level, WHO, 2008

Older persons in emergencies: An active ageing perspective, WHO, 2008

Older persons in emergencies: Considerations for action and policy development, WHO, 2008

Women, ageing and health: A framework for action Focus on gender, WHO, 2007

Global age-friendly cities: a guide, WHO, 2007

Towards age-friendly primary health care, WHO, 2004

Active ageing: a policy framework, WHO, 2002

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

United Nations Population Fund (UNFPA)

Ageing in the Twenty-First Century, UNFPA, 2012

Family Support Networks and Population Ageing, UNFPA, 2010

Population Ageing in East and South-East Asia: Current Situation and Emerging Challenges, UNFPA, 2006

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

United Nations Research Institute for Social Development (UNRISD)

Living Longer: Ageing, Development and Social Protection, UNRISD, 2004

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ADB

Aging, Economic Growth, and Old-Age Security in Asia, ADB, 2012

Social Protection for Older Persons: Social Pensions in Asia, ADB, 2012

Reducing Disparities and Enhancing Sustainability in Asian Pension Systems, ADB, 2012

Pension Systems in East and Southeast Asia: Promoting Fairness and Sustainability, ADB, 2012

Population, Wealth, and Economic Growth in the Asia and Pacific Region, ADB, 2011

Why Does Population Aging Matter So Much for Asia? Population Aging, Economic Growth, and Economic Security in Asia, ADB, 2011

Population Aging and Aggregate Consumption in Developing Asia, ADB, 2011

Impact of Population Aging on Asia's Future Growth, ADB, 2011

Pension Systems and Old-Age Income Support in East and Southeast Asia: Overview and Reform Direction, ADB, 2011

Aging in Asia: Trends, Impacts and Responses, ADB, 2009

Ageing Asia's Looming Pension Crisis, ADB, 2009

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

OECD

A Good Life in Old Age? Monitoring and Improving Quality in Long-term Care, OECD, 2013